ラバーズを支える素材と人々

1ページ目の…

 

・「コーヒーの生活」なのか、「生活の中のコーヒー」なのか、どちらかによって変わっていきますよね。

 

・俯瞰して、お水をあげるようにお店を育ててあげて下さい。

 

・力になりますので、私にどんどん仕事を振って下さい。私に甘えて下さい。

 

これらは、当店のある男性スタッフの言葉です。

 

 

オープン当初は私1人でお店を始めておりましたので、彼はもともと当店のお客様でした。

カウンターを挟んでの彼は、私の世話しない姿を何度も見ておりました。

バタバタとしていた私とお店の現状を話していくうちに、いつしか彼は私と同じカウンターの中に立つようになりました。

 

素直でつぶらな瞳をしている彼を見て、始めは

 

「メンコイ顔したアンチャンだな」  (自分もアンチャンなのに)

 

そんな印象でした。

 

 

しかし、実際の彼は人一倍強い探求心と当店の愛着を基に、「できません」という言葉は一切吐かず、できるまで何度も追求し続ける、

そんなたくましい男でした。

 

 

「オーナーは孤独との闘い」という言葉を耳にします。

たしかに「決めるのは自分」という孤独さは必ず感じますが、私は彼と長い時間を共にしたことで、それが幾分か和らいだのでした。

 

彼は私よりいくつも歳が下ですが、人として素直に尊敬しております。

もう私のなかでは、彼はよき理解者であり、ほぼ立ち上げのメンバーでありました。

 

 

そんな彼は、4月からもともと内定で決まっていた新たな職に就くため、会津を離れます。

コーヒーとはまったく別な職種で、そこで自分の目標を追い求めていくようです。

 

彼は、進んでいくであろうラバーズコーヒーの物語の1ページ目に、紛れもなく不可欠な人物でした。

 

 

あなたがいてくれて本当によかった

 

ありがとう

 

この一言に尽きます。

 

新天地での彼の活躍を楽しみにしつつ、ラバーズコーヒーも新たなメンバーと物語の2ページ目以降を進めて参ります。

 

 

皆それぞれ、一行ずつ歩んでいきましょう。

 

 

 

Lover’s Coffee

 

ピックアップ記事

  1. 紙一重
  2. エコにご協力ください

関連記事

  1. ラバーズを支える素材と人々

    耳を傾ける

    iwaki ウォータードリップサーバーをお買い上げ…

  2. ラバーズを支える素材と人々

    なんか…いい。

    今回は当店を影で支えている素材について記していきま…

  1. 反省すること

    3日営業してみて…
  2. コーヒーのこと

    コーヒーのピチピチ感
  3. 商品のこと

    つんぐり
  4. その他のこと

    1人の仕事量
  5. コーヒーのこと

    当たりまえだの…
PAGE TOP