コーヒー教室のこと

草の根運動

 

ほとんど告知しておりませんでしたが、

まずは基礎編の(ペーパー)ドリップ教室を単発で開催しております。

つい先日第3回目が終わり、累計4人が受講されました。3回目が終わって、まだ4人!?と思うかもしれませんが、

その各回定員の数が少ないワケは、次回お話しします。

 

 

以前の記事にも書きましたが、当店のような小売り店は、単なる「モノ売り」で完結するのではなく、

モノを通しての「感動体験」や「生活の質、スタイルの提案」を含めて販売できたらと考えております。

当店はカフェや喫茶店ではないため、こういったお客様の心の扉、コーヒーの扉を開けて差し上げることが大事な仕事です。

焦らず、ゆっくりと教室自体を向上させて参ります。

 

 

まずお客様のドリップ抽出に関して、いくつかお聞きしたことは

 

・なんか難しそう… 手を出しにくい

・毎日忙しいから、手間をかけたくない

・豆を挽くことが面倒

・単純に淹れ方が分からない      etc…。

 

こういった感想や、壁があると思います。

 

その結果、コーヒーの扉が開かない、あるいは閉じてしまうことになります。

扉が開いた側からすると、ちょっとした、それでいて無理のない贅沢がそばにあるのに、少しもったいないなと感じます。

 

 

当店のドリップ教室の目的は、お店(ラバーズコーヒー)で飲む味と、お客様のご自宅で飲む味をほぼ同一にすることです。

 

ちょっとしたポイントを手に覚え込ませ、実数に沿ったレシピを忠実にこなせば、必ず美味しく抽出できます。

1度覚えてしまえば、毎日の歯磨きのように、何も考えずにこなせるでしょう。

いわば、ひとつのルーティンです。

 

コーヒーを飲む時間はせいぜい10分ほどの短い時間です。

それが当店でドリップコーヒーをマスターすると、豊かで前向きになれる10分となります。

 

ラバーズコーヒーのドリップによって、皆様の生活がさらに潤いあるものとなれば、こんなに嬉しいことはありません。

 

今回は溢れんばかりの想いの一部をお話しました。

 

 

次回も、ドリップ教室に関してお話します。

 

 

 

Lover’s Coffee

ピックアップ記事

  1. 紙一重
  2. エコにご協力ください

関連記事

  1. コーヒー教室のこと

    ゆけばわかるさ、ドリップも

    今回もドリップ教室(基礎編、1~2人前)についてで…

  1. 商品のこと

    つんぐりからかんぐぬへ。
  2. 私の胸のうち

    真冬
  3. その他のこと

    肥やし
  4. 商品のこと

    サザエさん不在
  5. 商品のこと

    ひと夏のイエロー
PAGE TOP