コーヒーのこと

コーヒーのピチピチ感

 

皆様は「コーヒーの鮮度」という言葉を聞いて、どんな印象をお持ちでしょうか。

 

 

コーヒーという商品は、インスタントコーヒーや今流行りのカプセル式?など幅広く存在するため、一種の保存食品と捉えている方が多いと思います。

 

それは正解だと思いますが、当店のコーヒーのような豆から粉にするという工程が必要なコーヒーは、少し気の長い生鮮食品だと考えてみて下さい。(生鮮食品と言い切ることは少し言い過ぎですが)

 

 

コーヒーは

粉にする(挽く)と、急速に酸化してしまうこと

そして、ローストしてから1ヶ月以上経過すると香りが落ちること

この2点を頭に入れていただきたいと思います。

 

鮮度に関して2本立てでお話ししますので、今回は前者のほうをご説明します。

 

 

コーヒー豆は、挽いた瞬間から「よーいドン」で酸化し始めます。

りんごで例えますと、りんごは皮を剥いてすぐは、シャキシャキでとても美味しいですが

時間が経つと色は茶色に変化し、味も食感も落ちます。

見た目から分かりやすいですよね。

 

コーヒーでも同じようなことが言えるのですが、コーヒーはもともと色が茶色ですので、見た目では酸化したことが分かりません。

 

しかし、いざドリップ抽出をしてみますと、粉で保存したコーヒーは気持ちよく膨らまず、香りが抜けております。

蒸らしの段階でコーヒーが膨らむということは、コーヒー豆の繊維が、ロースト時に含まれたガス(二酸化炭素)と共に広がることを意味します。

蒸らしてコーヒーの繊維を広げてからお湯を注ぐことで、密度の濃い美味しい液体が抽出されるのです。

粉で保存したコーヒーは、繊維が広がった状態で劣化しているため、コーヒーの成分が最大限溶けず、お湯ばかり通過してしまいます。

ちなみに、粉の状態で保存したもので、ドリップの際モコモコと膨らむのは、挽いてから二日間のみとなります。

また、コーヒーを冷蔵、冷凍して出来るだけ長く保存することは、りんごを塩水に浸けるくらいのことと考えて下さい。

フルーツと同様に、基本は常温保存です。

 

 

なんだか、「本当にあった怖い話」のように思えてきてしまいます。

 

悲しい事実で、私も心苦しいです。

 

 

それでもラバーズコーヒーは、お客様に満足のいくコーヒーライフを送っていただきたいと願っているため、あえてこの悲しい事実をお話ししました。

 

 

りんごをまるごと一個買うように、コーヒーも豆の状態でご購入いただければ、香りの品質は安心できます。

 

これからの嫁入り道具は、コーヒーミルであってほしいですね。

 

 

次回もコーヒーの鮮度についてお話しします。

 

 

 

Lover’s Coffee

 

 

ピックアップ記事

  1. エコにご協力ください
  2. 紙一重

関連記事

  1. コーヒーのこと

    フレンチプレスの淹れ方(1~2人前)

    ドリップ派の方が多いなかでも、…

  2. コーヒーのこと

    コンセプト重視

    当店は、お客様が家でいかに美味しくコーヒーを飲んで…

  3. コーヒーのこと

    酸味へのご理解を

    当店をご利用されるお客様へスペシャルティコ…

  4. コーヒーのこと

    町の生真面目なお店から

    今回も前回に引き続き、「コーヒーの鮮度」についてお…

  5. コーヒーのこと

    金属フィルターの性格

    ここ2、3日の痛いくらいの寒さと積雪に驚かされます…

  6. コーヒーのこと

    アンカーへのバトン

    今回だけロマンチストのように記します。&n…

  1. コーヒーのこと

    嗜好品として
  2. 反省すること

    3日営業してみて…
  3. 商品のこと

    開拓精神
  4. 反省すること

    「誰に」を最優先。
  5. 反省すること

    机上の若造
PAGE TOP