私の胸のうち

well balanced

 

6月15日をもちまして、当店は開業して6か月となりました。

いつもお買い上げいただくお客様、お世話になっております皆様には厚く御礼を申し上げます。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

今回の題名にあります、well balanced 。

 

「バランスのとれた」という意味で、コーヒーの味覚評価によく使われます。

美味しいコーヒーはバランスが取れているべきです。そして、お店の運営も well balanced であるべきだと思っております。

 

何と何のバランスをとりたいのかといいますと

前々回の記事に書いたように「素直に耳を傾ける」ことと、「自店の個性を貫く」ことです。

 

 

 

開業前から今まで、様々な声をいただきました。

 

 

「コーヒーだけで商売成り立つの?」

 

「もっと席数があったほうがいいべー」

 

「スイーツが食べたいな」

 

 

 

「支那そばのほうが儲かるよ!」

 

 

素朴なアンちゃんとしては、とりあえず少数の意見にも耳を傾けます。

基本はロースターなのに、開業時から店内でも飲めるというスタイルをとったため、

当店をカフェや喫茶店のように捉える方、コーヒーは完全に脇役としている方には、そういった感想をもたれて当たり前です。

 

 

周りの声に耳を傾けずに、ただ好きに自分のやりたいようにやるのは、「趣味の延長線上」に過ぎないのかもしれません。

 

 

ただ、そうはいっても

 

 

店の個性を大事にしなければ、数あるコーヒーショップと区別がつかずに、埋もれてしまうのではと予感しております。

コーヒーを扱う仕事は参入しやすいため、これから益々コーヒーショップは増えていくはずです。事実、都会なんかは特に顕著だと感じます。

そうなると、お店の個性をより明確にしなければなりません。

 

 

自分の掲げた理念、コンセプトに確信を持ち続けるには我慢がいります。お客様にとって価値が分かりにくいお店は、浸透するのに時間がかかるものだからです。

 

よほど自分を強くもっていないと、軸がブレます。現実、今のスタイルを支持して下さる商売の先輩方からは

 

「方角はそっちじゃないよ」

 

と自分を取り戻させてもらっております。ありそうで今までなかったようなお店は、自店を信じて表現し続けなければなりません。

 

 

 

当店の基本のコンセプトは、「格別な家飲みの普及」です。

まだまだまだ、当店は未完成です。お客様が感じるコーヒーのハードルをこちらから低くさせ、もっと気軽に「コーヒーの扉」を開いて頂くようにしなければなりません。

 

 

常連様から「感動するとは、じて心がくことなんですよ」と教わりました。

 

 

 

コンセプトの向こう側として

 

当店のコーヒーを飲むこと、そして当店に足を踏み入れることで、過去や未来から一旦離れ、

 

癒しエールを感じるような体験を提供したいものです。

 

 

 

これから先、耳を傾けることでバランスを保ちながら

 

当店の利用価値を追い求めていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lover’s Coffee

 

 

ピックアップ記事

  1. 紙一重
  2. エコにご協力ください

関連記事

  1. 私の胸のうち

    エールを。

    泣きながら通った幼稚園…

  2. 私の胸のうち

    陰(いん)のときに

    私はこんな歌を聞いたことがあります。「人~…

  3. 私の胸のうち

    山積

    自分のなかで勝手につくっている…

  4. 私の胸のうち

    フネとボクと、時々、カツオ。

    最近特に直面することです。一定の水準を保ち…

  5. 私の胸のうち

    そびえ立つ山

    去る9月20日、21日…

  6. 私の胸のうち

    根っこの部分

    日々営業しておりますと、お店側には1本筋の通った姿…

  1. コーヒーのこと

    コーヒーのピチピチ感
  2. 商品のこと

    222
  3. 商品のこと

    新加入のレッド
  4. 商品のこと

    ちょっとしたことシリーズ②
  5. その他のこと

PAGE TOP