商品のこと

ミカン1周を6回ほど。

 

ドリップバッグの販売を始めております。

 

ご購入いただいたお客様から「ドリップバッグの美味しい淹れ方」について、ご質問をお受けしましたので、

今回は大まかにご説明いたします。

 

 

テーマは

 

最小限の道具で、美味しくコーヒーを淹れよう」

 

です。

 

 

 

必要な道具はこちら

●マイカップにドリップバッグのフィルターをかけた状態。

●湯沸かしのポット

●スマートフォン(ストップウォッチの機能を使います)

●かき混ぜる棒状のものがあると、尚よし。

 

出来れば、注ぎ口が細いポットがあると、上手に楽に注げますが

今回は旅先などでも美味しく淹れていただきたいため、あえて普通のポットを使います。

 

 

余談ですが、当店で販売しているドリップバッグは、横幅が広いフィルターのため

形が細いカップはフィルターがかかりません。

細くても紙コップなら大丈夫。

 

皆様の1番の疑問点は、抽出量。どこまでお湯を注げば、濃さがちょうどよいのか。

この商品は、150㏄のコーヒーを目安にしております。

 

よくある標準的なカップなら、だいたいこれくらい。

口が広くて、背が低いカップもだいたい同じくらい。

マグカップは大きいため、半分より少し上まで。紙コップも3分の2くらい。

 

そして、注ぎ方。

普通のポットですと注ぎが難しいですが、

イメージは小さいミカンを1周。その円は中心から始まり、中心に戻ります。

これを繰り返すだけです。

 

 

それでは、流れでご説明します。

 

まずは、スマートフォンをストップウォッチの画面にします。

先ほどのミカンをイメージし、静かにお湯を置くように注ぎます。そう、まずは蒸らしです。

注いだらストップウォッチをスタートさせ、30秒間待ちます。

30秒経過したら、1分までミカン1周を3回に分けて注ぎます。小刻みに。

この1分までの注ぎで濃いめの美味しい液体を抽出しましょう。

 

そこからあとは「流し」です。2分で終了を目標に、マイカップのフィニッシュの量まで

またミカン1周を何回かに分けて注ぎましょう。きっと、3回くらいで2分になるはず。

できればですが、

濃度を均一にするため、スプーンなどでかき混ぜると、ひとくち目から美味しく感じます。

ポイントはこれだけです。きっと思ったより簡単でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

これからコーヒーライフを始めようという方も

 

 

まずは、このドリップバッグで気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

Lover’s Coffee

 

 

ピックアップ記事

  1. エコにご協力ください
  2. 紙一重

関連記事

  1. 商品のこと

    みるのめんて

    コーヒーミル (ボンマック BM-250N)をお買…

  2. 商品のこと

    極細口

    ドリップで美味しく抽出するには…

  3. 商品のこと

    夏休みレポート ”コーヒー合わせてみた”

    ラバーズコーヒーから新商品のお知らせがございます。…

  4. 商品のこと

    あの豆は今…

    現在、店頭で並んでいるコーヒー豆の状況です。…

  5. 商品のこと

    #3

    すみません、最近時間がないため…

  6. 商品のこと

    弘法、ちゃっかり筆を選ぶ

    今回の商品紹介は、ドリップポット(ケトル)です。…

  1. 商品のこと

    ひと夏のイエロー
  2. 商品のこと

    改善しました。
  3. 商品のこと

    新豆×2
  4. ラバーズのサービス

    あえてアナログに。
  5. コーヒーのこと

    金属フィルターの性格
PAGE TOP