コーヒーのこと

違った角度から

 

 

グアテマラ・エルインヘルト農園 イエローナンセ

 

 

このコーヒーの風味は、ミルクチョコやキャラメルを連想させます。

私は、このコーヒー以上に甘さに特化したコーヒーと出会ったことはありません。

 

当店の中では、このコーヒーをチョコレート系として捉えておりましたが、

もうひとつ、何か別の風味が存在するなとずっと感じておりました。

 

ローストする度にテイスティングを繰り返しますが

その風味が何なのか、毎回見つけることができません。

 

 

ぼんやりと浮かぶのは、食感がスッキリしたフルーツではなく、トロっとしたフルーツ…。

 

ぼんやり感じたとしても、「果実感があります」と伝えることはできません。

なにせ、伝える側の自分が分かっていないのですから。

 

 

 

そんな足踏みをしているなか…

 

 

 

最近、テイクアウトのメニューであるアメリカ―ノのコーヒー豆を、このイエローナンセに替えてみました。

 

さりげない酸味のコーヒーですから、圧力で抽出しても酸っぱくはならないだろうなと

それくらいの、大きな期待をしていないリトル穂積がおりました。

 

いつものようにエスプレッソを抽出し

お湯で割り、

 

 

カーテンオープン!

 

 

無表情の自分の前に現れたのは

 

 

マンゴー(を思わせる風味)でした。

 

 

 

コーヒーはコーヒーでしかないので、マンゴーと言い切ることは多少無理がありますが

 

トロピカルフルーツのような高い糖分、後味に残る甘いフルーツ感、口に入れたときのトロっとした質感。

 

やっと出会えたと思いました。

 

 

 

 

なぜ今まで、トロピカルフルーツ系の風味に出会えなかったのでしょうか。

それは、このコーヒーの場合、ペーパードリップでしか味を確かめていなかったためです。

 

コーヒーの風味は本来、植物性の油分に含まれております。

生豆の生産地やコーヒー屋は、カッピングといって、フィルターなしの挽いた粉にお湯を注ぎ、その液体の部分を勢いよくすすって、味を評価します。

 

 

ペーパードリップですと、ペーパーが油分をろ過してしまうため、

フルーツ感を感じても、それが何のフルーツなのか、分かりづらくなる一面があります。

 

 

 

当店では、お客様がコーヒーを淹れる状態と同じ状態で味を確かめたいという理由から

 

そして、良質なペーパーを使用しているため、味を確認しやすいという理由から

 

ペーパードリップで味を確かめておりました。

 

 

 

このように凝り固まった頭では、いつまで経っても前に進めません。

 

 

 

 

ペーパードリップは

 

均一な濃度と

 

微粉がカップの底に溜まることのない、きれいな液体

 

当店のドリップレシピによる、風味と厚みの抽出

 

そして、ひとつに集中すること(一種のヨガ?)が長所としてあります。

 

 

これらを良しとしてペーパードリップにこだわっておりましたが、ある意味では

コーヒーを一面的にしか見ていなかったのかもしれません。

 

 

 

油分をペーパーでろ過せず

金属フィルターで抽出するフレンチプレス

 

そこに圧力を利用して、短時間で抽出するエスプレッソ、そしてアメリカ―ノ

 

これらで試すことで、コーヒーの風味を様々な角度からお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

きっと、コーヒーもさらに喜ぶはずです。

 

 

 

 

引き続き、私たちと一緒に

様々な風味を発見していきましょう。

 

 

 

Lover’s Coffee

 

 

 

ピックアップ記事

  1. エコにご協力ください
  2. 紙一重

関連記事

  1. コーヒーのこと

    悲しい事実

    (早く画像貼りたいです)本日もコーヒー豆を…

  2. コーヒーのこと

    コーヒー好きのお客様へ…

  3. コーヒーのこと

    当たりまえだの…

    当たり前だけど美味しい…

  4. コーヒーのこと

    コーヒー = 農産物

    11月現在、業務用の機…

  5. コーヒーのこと

    コンセプト重視

    当店は、お客様が家でいかに美味しくコーヒーを飲んで…

  6. コーヒーのこと

    フレンチプレスの淹れ方(1~2人前)

    ドリップ派の方が多いなかでも、…

  1. ラバーズを支える素材と人々

    1ページ目の…
  2. コーヒーのこと

    様々な顔
  3. 商品のこと

    新加入のレッド
  4. 商品のこと

    新豆×2
  5. 商品のこと

    冷やし珈琲、始めました。
PAGE TOP