その他のこと

〇〇といえば

 

会津本郷焼 草春窯 工房「爽」

田崎宏氏制作のラバーズコーヒー、オリジナルカップを販売しております。

 

一本線、二本線、共に税込2700円。

 

このカップは、ヒトの舌と同じくらいの幅で作られているため

世間一般のコーヒーカップよりも、幅はとても狭く感じると思います。

当店には果実味を感じるコーヒーが並んでおり、その果実味がスムーズに口の奥へ入っていくよう

このような幅の狭い形状を依頼致しました。

美味しいドリンクを舌全体、そして喉で感じてください。

 

 

 

 

 

 

 

私は、このカップを制作した田崎氏を羨ましく感じます。

 

 

それは、白磁といえば田崎氏(田崎氏といえば白磁)と連想できる点です。

 

この〇〇といえば〇〇さんというポイント。

〇〇さんという名前の前に、周囲が思い浮かぶ共通の修飾語がつくかどうか。

 

ものまねといえばコロッケ

 

漫才のオール阪神巨人

 

上方落語の桂米朝

 

 

そういった修飾語がつくには、制約本質の追及、そして継続の三つのポイントがあるのではないかと考えております。

 

 

田崎氏の場合は、器に色模様をつけず白磁という制約のなか、形状だけで変化をもたせ

 

そこには実用性や質感など、本質を追及し

 

それを一筋に継続して作り続けております。

 

 

ネタ作りに一途な芸人さんの場合も、その三つを突き詰めれば

いづれ師匠と呼ばれるのではないかと推測します。

 

 

 

 

 

男性中心にいえば、仕事のスタイルは生き方そのものではないでしょうか。

 

 

 

幅広い知識、技術、経験で仕事をまとめ上げるゼネラリスト。

 

幅が狭くても、深く深く掘り下げ専門分野につよいスペシャリスト。

 

 

 

私はコーヒー屋のアンちゃんとしてスペシャリストになりたいけれど、

1年目ということもあり、仕事全体のリズム、経営上の配分、管理する仕組みが掴めていなく、型ができていない状態。

自分はまず型をつくることが先決です。

 

人それぞれ、道の歩き方には正解不正解なんかないと思います。

 

 

 

ラバーズコーヒーというお店としては、コーヒーという制約のなかで

 

風味や美味しさ、自店のコンセプト、想いといった本質の追及

 

そして、その二つを継続していき、スペシャリストを目指すことが進む道なのかもしれません。

 

 

 

 

 

まだまだ全体的に青臭いですが、それをみずみずしさと言い換え

貪欲に歩んでいきたいです。

 

 

 

 

いつか、コーヒーといえばラバーズと連想していただけるように。

 

 

 

 

 

Lover’s Coffee

 

ピックアップ記事

  1. 紙一重
  2. エコにご協力ください

関連記事

  1. その他のこと

    もまれ続けた木

    つい先日、当店のすぐ隣にありました、大変大きなモミ…

  2. その他のこと

    徐々に

    やっと記事の更新ができる、ラバーズコーヒーです。…

  3. その他のこと

    とんがり

    日々、仕事のみで1週間を終えるのではなく、外に出向…

  4. その他のこと

    Dogもtogether

    雪が解け、最近になりお越しになるのが、ワンちゃんを…

  5. その他のこと

    1人の仕事量

    本日でオープンしてから約2週間の営業が終わりました。&nbsp…

  6. その他のこと

    デトックス

    私はお医者さんではないので、健康に関して断言するこ…

  1. お知らせ

    12月15日オープンします。
  2. コーヒーのこと

  3. 商品のこと

    つんぐりからかんぐぬへ。
  4. 私の胸のうち

    等身大エスプレッソ
  5. 商品のこと

    開拓精神
PAGE TOP