商品のこと

豆屋のMenu

 

当店は、自家焙煎のコーヒー豆屋です。

 

 

今の実力の範囲内で、コーヒーの風味を最大限引き出しているつもりです。

 

その風味を純粋に楽しんでいただくために、ほんの数席しかない店内でのメニューは、コーヒー1本に絞っております。

 

 

当店に通ってくださる方々は、好奇心が旺盛で、コーヒーの知識をどんどん吸収して下さります。

 

私たちが飲んだことがないコーヒー豆をお土産に持ってきて下さったり、逆に教わることもしばしばです。

いつもありがとうございます。

 

 

今回は、さらに奥にあるコーヒーの扉を、開け続けていきたい方に向けて、新しい店内メニューを考えました。

 

 

ネーミングはシンプルに、「コーヒー飲み比べ」です。

 

そのときのコーヒー豆のラインナップによって、いくつかの飲み比べを予定しております。

 

 

同じ豆で、焙煎度合い(煎り方の深さ)による味の違い。

 

同じ豆で、精製方法(農園側の処理)による味の違い。

 

同じ農園で、品種による味の違い。

 

 

とりあえず第1回目は、コスタリカ、ラ・ロマ農園の精製方法による味の違いです。

基本的にこの飲み比べでは、フレンチプレスで抽出します。

油分が抽出できるおかげで、違いがわかりやすいためです。

 

 

どちらもラ・ロマ農園の方々が、ウォッシュド製法(水洗式)で精製処理した場合と、

 

ナチュラル製法(自然乾燥式)で精製処理した場合では、

 

どういった味の違いが出るのかを感じていただくことが、今回の狙いです。

 

 

カップの模様が1本線ならウォッシュド

 

 

2本線ならナチュラルと区別します。

 

ここでは答えを明かしませんが、同じ豆でも精製方法による味の違いが、ハッキリとわかると思います。

 

 

 

ちなみに

 

今回新登場する、ラ・ロマ農園のナチュラル製法は、めずらしい商品です。

コスタリカはハニー製法(ウォッシュドとナチュラルの折衷型)が主流で、ナチュラル製法は数少ないからです。

 

今回このラ・ロマ農園の方々は、ひとつのチャレンジとして、ナチュラル製法を試みました。

 

数に限りがある商品ですので、コーヒー豆をお求めのお客様には、予約を受け付けてからのお渡しとなります。

 

 

 

 

豆屋だからできる、似たもの同士の飲み比べです。

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーの扉

 

 

 

 

 

 

半開きの状態でお待ちしております。

 

 

 

 

 

Lover’s Coffee

 

 

ピックアップ記事

  1. 紙一重

関連記事

  1. 商品のこと

    French Press ラインナップ

    当店で扱っているフレンチプレス(ボダム社)のライン…

  2. 商品のこと

    みるのめんて

    コーヒーミル (ボンマック BM-250N)をお買…

  3. 商品のこと

    あと2つ。そして予告。

    iwaki  ウォータードリップコーヒーサーバー…

  4. 商品のこと

    クリスマスブレンド2020

    当店はオープンして以来、4回目のクリスマスを迎えま…

  5. 商品のこと

    2021.6.28 「香り袋」はじめました。

    当店では、コーヒー豆をお客さまへお届けするまでに、豆の選別作業を計2回…

最近の記事

  1. 2021.9.26 10月より営業時間が10時から17時とな…
  2. 2021.9.19 ALAKA、まさかのラスト。
  3. 2021.9.14 BUKU 完売までカウントダウンか。
  4. 2021.9.4 ロズマラゴ 標高1650mロット。
  5. 9月の定休日について。
  1. その他のこと

    徐々に
  2. お知らせ

    夏季休暇は
  3. 私の胸のうち

    陰(いん)のときに
  4. ラバーズのサービス

    スムーズで確実
  5. コーヒー教室のこと

    ゆけばわかるさ、ドリップも
PAGE TOP