コーヒーのこと

金属フィルターの性格

 

ここ2、3日の痛いくらいの寒さと積雪に驚かされます。

 

雪かたしという疲れる仕事が追加され、毎年のことですが大変です。

 

 

しかし、3歳になった姪っ子がこう言います。

 

 

「大変だって言うないで」  ※本人は「言わないで」と言いたい。

 

「だって、雪楽しいじゃん」

 

「だから、大変だって言うないで」

 

 

 

この前向きな発言にハッとさせられました。

 

 

雪が降る = 大変だ

 

たしかに、これは単なる大人たちの都合でしかありません。

 

 

姪っ子の一言で価値観が変わると

 

一瞬、青空が現れたときの雪景色にとても感動しますし

 

子供のときにスキー場に連れて行ってもらった、楽しい思い出も蘇ります。

 

また、近所の人が雪かたしとなると、普段あまり挨拶を交わさない人とも、なぜか一言交わすようになったり…。

 

 

自分たちの都合を取っ払うと、雪に対して好感をもてるようになりました。

 

我が姪っ子、ありがとう。また相手してね。

 

 

 

 

 

話はコーヒーに移りまして

 

今回は前回の話題に引き続き、フレンチプレスの特徴について簡潔にお話しします。

 

 

ドリップと根本的に違うことは、

熱湯にコーヒーの粉を浸けて、4分かけてじっくり抽出すること。

 

 

メリットは

●風味の素となる油分を抽出できること。

 

●味の再現性が高いこと。

粉のグラム数、お湯の量、抽出時間を統一すれば、毎回安定した美味しさに。

 

●使用するアイテムが少ないこと。

ドリップ式に必要な細口ポットや、ペーパー類が必要ないこと。

 

●淹れる工程が少なく、家事など同時進行ができること。

 

 

 

一方、デメリットは

●ペーパーでろ過しないぶん、液体が少し濁ること。

 

●そして、カップの下に微粉が溜まることが挙げられます。

 

慣れれば何とも思いませんが…。

 

 

 

メリットとデメリット、双方にいえることは

コーヒー豆の品質が、そのままダイレクトに抽出されることです。

 

 

高品質のコーヒー豆は、そのまま美味しいカップコーヒーとなりますし

 

劣化した、あるいは美味しさに欠けるコーヒー豆は、そのままカップに反映されます。

 

ペーパードリップは、ペーパーでろ過することで、どんなコーヒー豆でも飲みやすくできる一面があります。

一方のフレンチプレスは、コーヒー豆を選ぶ必要がある抽出器具だといえるでしょう。

 

 

私は、スペシャルティコーヒーに合う抽出器具として、とても気に入っております。

 

 

 

フレンチプレスか、ペーパードリップか

 

 

 

液体の質感やご自身の性分も含めて、選んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも洗浄が面倒くさい

 

 

 

 

 

 

 

それは、言うないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

次回は、フレンチプレスの淹れ方についてお話します。

 

 

 

 

Lover’s Coffee

 

ピックアップ記事

  1. 紙一重
  2. エコにご協力ください

関連記事

  1. コーヒーのこと

    コーヒー = 農産物

    11月現在、業務用の機…

  2. コーヒーのこと

    フレンチプレスの淹れ方(1~2人前)

    ドリップ派の方が多いなかでも、…

  3. コーヒーのこと

    違った角度から

    グアテマラ・エルインヘルト農園…

  4. コーヒーのこと

    酸味へのご理解を

    当店をご利用されるお客様へスペシャルティコ…

  5. コーヒーのこと

    好きなタイプ

    私は爽やか担当の小遊三が好き。ブルーが似合う。…

  6. コーヒーのこと

    町の生真面目なお店から

    今回も前回に引き続き、「コーヒーの鮮度」についてお…

  1. その他のこと

    Dogもtogether
  2. お知らせ

    AIZU COFFEE TIME! 5/13
  3. 反省すること

    balance
  4. お知らせ

    3/21→営業、3/22, 23, 29→お休み
  5. 商品のこと

    向き合ふ
PAGE TOP