コーヒーのこと

フレンチプレスの淹れ方(1~2人前)

 

ドリップ派の方が多いなかでも、

 

実際にフレンチプレスで抽出したコーヒーを飲んでいただくことで、支持してくださる方が増えてきました。

 

 

 

今回は、この器具を検討されている方に向けて、1~2人前の淹れ方をご説明します。

 

 

 

必要な道具は

 

 

●フレンチプレス(350mlサイズ)

 

●湯沸かしポット(やかん)

 

●中挽き(少し粗め)のコーヒー

 

タイマースケール(計り)

 

この5点です。

 

 

 

当店のレシピは

 

1人前

コーヒー豆      g

スケール上でのお湯 130g(実際は140cc)

 

2人前

コーヒー豆     17g

スケール上でのお湯 260g(実際は270cc)

 

このレシピは、あくまで当店の分量です。分量はお好みで加減してください。

 

 

 

では、過保護なくらい細かく追っていきます。

 

 

 

①まず、コーヒー豆の分量をスケールで計ります。

 

②コーヒーミルで中挽き(少し粗め)にします。

 

③フレンチプレスに挽いた粉を入れ

 

④スケールの上に置き、0gの表示にします。

 

⑤お湯は2回に分けて注ぎます。1回目の注ぎは蒸らしです。

1人前なら底から4分の1の量まで、2人前なら半分の量までお湯を勢いよく注ぎ、紅茶の葉と同じように粉をジャンピングさせます。

注ぐ勢いだけで、粉とお湯を全体的に混ぜ合わせるように。

 

ここで、30秒待ちます。待っているあいだ、

 

 

このように3層になっていると、うまくコーヒーのガスが抜けている証拠。

コーヒーの繊維が全体的に広がっており、美味しいコーヒーになる準備体操をしているのです。

 

30秒経過したら

 

 

⑥1人前ならスケール上130g、2人前なら260gの表示まで注ぎます。

 

ポイントは、1回目と違い、静かにガラスの壁に沿って、注ぐことです。

 

 

 

⑦あとはフタを乗せ、黒い真ん丸が上にある状態で4分間待ちます。

 

4分は意外に長いです。このあいだに、なにかひとつ作業を同時進行できるのではないでしょうか。

 

 

⑧4分経過したら、黒い真ん丸を底まで押し下げ

 

⑨格子状の部分を注ぎ口に合わせたら

 

⑩油分が抽出された、香り高いコーヒーの出来上がり。

 

 

もちろん、スケールで計らなくても抽出できますが、毎回計ることで味のブレがとても小さくなるでしょう。

 

 

 

 

手入れでお願いしたいことが1点あります。

 

ペーパーを使用しないため、器具には全体的に油分が付着します。

洗浄の際は、洗剤をつけたスポンジで油分を落としてください。油分が付いたままですと、次回の抽出で味に影響するためです。

 

 

 

くどいくらいに写真を載せましたが

 

淹れ方としては、何も難しくはないとお分かりいただけたかと思います。

 

 

 

想像以上に飲みやすいはずですよ。

 

 

 

 

次回は、フレンチプレスの商品ラインナップなどを、お伝えいたします。

 

 

 

 

 

Lover’s Coffee

 

ピックアップ記事

  1. エコにご協力ください
  2. 紙一重

関連記事

  1. コーヒーのこと

    嗜好品として

    メリークリスマスでございます!昨日お買い上げ頂いた皆さま、あり…

  2. コーヒーのこと

    金属フィルターの性格

    ここ2、3日の痛いくらいの寒さと積雪に驚かされます…

  3. コーヒーのこと

    町の生真面目なお店から

    今回も前回に引き続き、「コーヒーの鮮度」についてお…

  4. コーヒーのこと

    浄化

    私がコーヒーに対して重要視していること。それは、ア…

  5. コーヒーのこと

    アンカーへのバトン

    今回だけロマンチストのように記します。&n…

  6. コーヒーのこと

    様々な顔

    毎日、コーヒーと長い時間触れ合うことで&n…

  1. お知らせ

    5月21日、AIZU COFFEE TIME!
  2. 私の胸のうち

    等身大
  3. その他のこと

    もまれ続けた木
  4. その他のこと

    とんがり
  5. その他のこと

    Dogもtogether
PAGE TOP