その他のこと

あったかい一言を。

 

私は、つい1年ちょっと前まで、2社を経験した従業員でした。

 

 

現在は見た目、素朴なアンちゃんですけど、小さなコーヒー屋を経営している経営者です。

 

 

経営者としては、まだ経験が浅過ぎて染まっていない分、違う見方をすると、従業員としての記憶がまだ残っているともいえます。

 

 

 

 

客商売をしていると、様々な立場の方が当店にいらっしゃいます。

 

ベテラン経営者の方

 

最近お父さまから経営権が移った、息子さま

 

新卒で働き始めて間もない方

 

上から下から挟まれる中堅社員、または管理職の方

 

立場は本当に人それぞれです。当店に通って下さり、私たちとお客様が顔なじみになってくると、職業のことや自身の近況を話して下さります。

 

 

そのなかで、とても理解できること。

 

 

経営者の方は、社員さんやスタッフさんに「頼むから、もっとあらゆる数字に敏感になってほしい!頼むから、逐一報告してほしい!」

そう思っています。

 

一方

 

社員さんやスタッフさんは、上の方に「頼むから、もっと現場のことを理解してほしい、知ってほしい!頼むから、具体的に指示してほしい!」

そう思っています。

 

 

要は、立場を理解してほしいということ。

内容は人それぞれでも、根っこの部分はここだと思います。

 

 

 

 

 

 

経営者は、基本孤独です。

 

当店のような小さなお店の経営者も、従業員が沢山いる大企業の経営者でも、孤独であることは間違いありません。

 

逆に孤独であるからこそ、決断や判断ができるし、いざというときの責任の所在がはっきりします。

 

経営者の孤独感、これは絶対に避けられないことです。責任感と寂しさは必ずあります。

 

 

経営者は、従業員に示すことのできない数字があったとしても、それ以外のあらゆる数字(大まかな成績から商品在庫などの小さなことまで)を、できる限り仲間と共有したいと思っています。

 

あらゆる数字を自分ひとりで背負うと、人として潰れてしまいますし、どこかで抜けてミスします。

最近の自分がまさしくそうでした。

 

そこに、従業員さんから小さいことでも報告が逐一あると、本当に助かるのです。

 

 

 

 

私が経験した新卒時代や少し最近までの従業員時代は、現場で起こっていることを、とにかく上の方と共有したいと思っておりました。業績うんぬん以前に、末端でお客様と接しているのは、自分たちだったからです。末端で感じていることを上の方と共有できれば、もっと改善できるし、組織の性格もとても良くなると思います。

 

上の方と共有できないと、どうしても同じ従業員同士で分かち合おうとします。しかし、結局のところ、それでは馴れ合いになるだけで、打開には至らないのです。

 

 

 

 

そこで

 

 

お互いの立場が少しだけ分かる、私からの提案です。シンプルなことですが

 

 

 

 

上の者には、数字のこと

 

 

下の者には、現場のこと

 

 

 

この両者の立場を踏まえた、あったかい一言を掛けあってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

上の者は下の者に対して「アレはどうだった?」と、現場で起こったことを全部吐かせるようにもっていくこと

 

 

そして、下の者は上の者に対して、例えば小さいことでも

 

「これが〇個売れました。あと〇個で目標達成です(爽やか笑顔で)」

 

「〇〇が〇〇個、〇〇円の状況ですが、何か私にできることはありますか?」

 

このように、数字と絡めてあったかい一言を掛けられたら、上の者は心の中では泣くほど嬉しいものです。

 

 

皆さんの会社の社長さんがそうだと思いますが、経営者はたとえ休日でも頭の片隅で仕事を考えています。大前提で給料を支払うために、どう売上を上げていくかを常に考えているのです。アタマの中が常にそんな状態の方は、従業員から数字と絡めてあったかい一言をもらえると、本当に心強く感じると思います。

 

 

 

ちなみに、私が言われて1番嬉しかったのは

 

 

 

「あと〇〇です。仕事を振ってください。私に甘えてください」

 

 

 

この一言でした。

 

 

 

 

 

お互いこういった声を掛け合っていれば、たとえ状況がすぐに変わらないとしても、お互いの肩の荷は

 

 

2キロくらい

 

 

軽くなると思います。

 

 

 

お互いどうすることが歯車の潤滑油になるのか。

 

これを考えていれば、きっと壁も乗り越えられるのではないでしょうか。

 

 

 

現に、壁がいくつも並んでいる当店は、そう自分で言い聞かせます。

 

 

 

 

 

 

もし、皆さんがこれを職場で実践して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうしたんだね、急に」

 

 

 

 

 

 

こう言われたとしても

 

 

 

 

 

 

 

 

「ラバーズコーヒーのアンちゃんがそう言えって言ってました」

 

 

 

 

 

 

それは言わないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

ほづみ

 

 

ピックアップ記事

  1. エコにご協力ください
  2. 紙一重

関連記事

  1. その他のこと

    オープン初日

    本日、無事にオープン初日が終りました。お祝いの品を送って頂いた…

  2. その他のこと

    徐々に

    やっと記事の更新ができる、ラバーズコーヒーです。…

  3. その他のこと

    デトックス

    私はお医者さんではないので、健康に関して断言するこ…

  4. その他のこと

    とんがり

    日々、仕事のみで1週間を終えるのではなく、外に出向…

  5. その他のこと

    1人の仕事量

    本日でオープンしてから約2週間の営業が終わりました。&nbsp…

  6. その他のこと

    おすすめの時間帯

    年始も無事にスタートが切れ、気が引き締まりました。…

  1. 商品のこと

    弘法、ちゃっかり筆を選ぶ
  2. お知らせ

    定休日と営業時間について。
  3. 私の胸のうち

    歳月を共に
  4. 商品のこと

    プラか陶器か
  5. 私の胸のうち

    人として…
PAGE TOP