商品のこと

#2

 

すみません、最近時間がないため

 

 

 

結論から申し上げます。

 

 

 

 

 

新しいブレンド、「Lover’s Coffee #2」が出来上がりました。

 

 

 

 

 

風味のイメージは、「フルボディの赤ワイン」。

 

 

実はこのイメージ。

 

 

すでに並んでいるブレンド「#1」から派生したものとなっております。

 

 

 

「#1」もフルボディの赤ワインをイメージした配合でしたが

配合に使用している、コスタリカ・レッドハニー製法の豆が途中変わったため、微調整してもどこか違和感がありました。

 

 

お世話になっているBarの店主も

 

「#1の出来上がりはいいけど、重くはないよね」

 

そういった感想。

 

 

 

個人的にも、イメージの部分で引っかかっておりました。

 

 

考えたあげく、自分自身も「#1」は気に入っておりますし、お客様もこの配合で支持して下さるので、「#1」はそのまま残し、イメージだけを「ライトボディの赤ワイン」へ変更することに。都合のいい変更をして申し訳ありません。

 

 

 

 

そこで今回は、コーヒーの明るさを抑え

 

「#1」よりも舌の上にコーヒーの甘さが乗るイメージを意識し、違う銘柄も使ってブレンドを完成させました。

 

 

 

「#1」との違いは、主に甘さの感じ方です。

 

 

「#1」は、キャンディのような甘さ

 

 

「#2」は、過熟した果実のような甘さ

 

 

 

ボディと共に、甘さが口の中に広がります。

 

 

少々明るい感じか、落ち着いた感じか。

 

 

「#1」と共通している点は、心地よいアフターテイスト

当店のシングルオリジン(単一農園)の豆で、ローストが浅めのものよりも、余韻が違います。

 

 

 

 

自分たちが手を加えている分、思い入れがあるからかもしれませんが、

 

個人的には、シングルオリジンよりも、ブレンドのほうがコーヒーとして好きです。

 

 

 

 

ブレンドは、当店の個性のひとつです。

 

 

 

 

ぜひ、試飲、テイクアウト、飲み比べでご確認ください。

 

 

 

 

 

 

Lover’s Coffee

 

 

ピックアップ記事

  1. エコにご協力ください
  2. 紙一重

関連記事

  1. 商品のこと

    エスプレッソ、お湯わりで。

    11月に入り、新しいテイクアウトのメニューとして…

  2. 商品のこと

    ミカン1周を6回ほど。

    ドリップバッグの販売を始めております。&n…

  3. 商品のこと

    French Press ラインナップ

    当店で扱っているフレンチプレス(ボダム社)のライン…

  4. 商品のこと

    紅白

    スポット商品として、一時的に並んでいるコーヒー豆が…

  5. 商品のこと

    #3

    すみません、最近時間がないため…

  6. 商品のこと

    豆屋のMenu

    当店は、自家焙煎のコーヒー豆屋です。&nb…

  1. 商品のこと

    イエローの出たり入ったり
  2. 商品のこと

    つんぐりからかんぐぬへ。
  3. 商品のこと

    3時間後の至福
  4. コーヒーのこと

    コーヒーのピチピチ感
  5. 商品のこと

    エスプレッソ、お湯わりで。
PAGE TOP