商品のこと

#3

 

すみません、最近時間がないため

 

 

 

結論から申し上げます。

 

 

 

 

新しいブレンド、「Lover’s Coffee #3」が出来上がりました。

 

 

 

 

 

実際に飲んだ方曰く

 

「よくありそうだけど、なんか初めての感じ」。

 

 

 

今回のブレンドは、「柑橘をわずかに感じるチョコレート」をイメージして配合しました。

 

 

なぜ、このようなブレンドをつくろうと思ったのかというと

 

以前、生のカカオ豆からローストして、板チョコまで製造する「Bean to bar」という業態のチョコレートを初めて食べたとき、オレンジのような柑橘の風味を感じ、とても驚いたことを覚えています。そのチョコレートには、特別なエキスなどを加えているわけではないのです。カカオ豆固有の風味なのでしょうか。

 

 

 

チョコレートなのに、甘さだけではない。それもフルーティー。

 

 

 

自分もそんな意外性のある風味を、ブレンドコーヒーで実現してみたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

「意外性」が何かとキーポイントになると感じるのは、私だけでしょうか。

 

 

 

例えば、珍獣のスター、ガチャピン。

 

 

あんな、動きがわるそうな見た目をしているのに、スポーツ万能。

 

 

彼のスキージャンプの映像は、まさに圧巻でした。

 

 

 

見た目どおりのムックより、やはり面白さはガチャピンだと思います。ムック派の方、比較してすみません。

 

 

 

その他にも

 

 

 

小柄でも強い力士

 

 

 

中学生でプロ棋士

 

 

 

 

ギャップ、意外性が話題になります。

 

 

 

 

 

 

コーヒーのローストは深めにするほど、風味の明るさは消えていきます。

今回は、そのように深めにローストした豆を3種類、そして隠し味に、少し浅めにローストした豆を1種類配合しました。

 

 

この「Lover’s Coffee #3」。飲み始めはチョコレートのような雰囲気。

 

冷めてくると、柑橘が顔を出す、そんな感覚です。

 

 

 

「#1」「#2」と同様、心地よいアフターテイストが共通項であり、ありそうでない風味のコーヒーです。

 

ガチャピンほどのスター性はありません。

 

 

 

 

 

2月後半でようやく揃った、「#1」「#2」「#3」のブレンドコーヒー。

 

 

 

 

「ラバーズコーヒーといえば」

 

 

 

 

 

迷ったら、この3つから選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lover’s Coffee

 

ピックアップ記事

  1. 紙一重

関連記事

  1. 商品のこと

    限定ブレンド

    この場ではまったく告知できておりませんでしたが、8…

  2. 商品のこと

    大粒助っ人

    今だけの大粒助っ人。今だけとはどれくらいの期間かと…

  3. 商品のこと

    開拓精神

    カップコーヒーを販売すること。コーヒー豆を販売する…

  4. 商品のこと

    PDCAを経て

    以前の記事にも書きましたように当店にらしさ…

  5. 商品のこと

    あの豆は今…

    現在、店頭で並んでいるコーヒー豆の状況です。…

  1. お知らせ

    5月13日のみ
  2. お知らせ

    12月のお休みについて。
  3. その他のこと

    1人の仕事量
  4. 商品のこと

    ドリッパー
  5. 商品のこと

    2021.1.30 配合にお時間いただきます。
PAGE TOP