お知らせ

Noshuku 解禁

 

「松に古今の色無し」

松は不変の象徴であるようです。葉の緑をいつまでも変えることなく、どっしりと構えている松が私は好きです。スマホを今すぐ鶴ヶ城のお堀にぶん投げたいくらい、変わりすぎる現代に息が詰まる自分は、松を目の前にするとなんだかホッとします。世の一部の人がつくった仕組みに適応しなければ、要は「右ならえ」をしなければ生きていけないのが現実ですが、松のように何事も本質からブレない、そんな強い存在に私は憧れを持ちます。

 

今年もお陰さまで、濃縮コーヒーボトルを発売することとなりました。去年の第1弾は「カフェオレベース」という商品名でしたが、カフェオレ以外にも様々な飲み方で楽しんで頂きたく、今回は「Noshuku」という商品名に変更しております。ラベルの絵も一新し、今年も知人のTamikoさんに描いてもらいました。今回お願いした絵は、飲み物のラベルとしてはまさかの松をモデルに。長く愛される商品になることを私は願っています。

去年の第1弾は、反省事項もありました。まず、濃縮コーヒーにしては味が優し過ぎたこと。カフェオレにしたときにどこか物足りなさが。店主に似たのか。やかましか。前回はグアテマラの単一農園の豆を使用しておりましたが、今回はそこに少しキレを加えるため、深めにローストしたケニアの豆をブレンド。使う豆の量も前回より増量したことで、必要な味の重たさに関しては改善しました。すべてスペシャルティコーヒーの豆を使った、贅沢な中身です。1本1300円、値段は優しいままです。

それから、前回のボトルではどうしても注ぎ終わった際、ワインボトルのように中身が容器をつたってこぼれておりました。今回は、サイズダウンしておりますが、ボトルの形状を変えることによってこれを改善。より使いやすくなったと思います。

 

Noshukuの1番お勧めする楽しみ方は、なんといってもアフォガード。高価なアイスではなくても構いません。濃さが程よい手ごろなバニラアイスに、このコーヒーをかけてお召し上がりください。アフォガードがみなさん自身の「喉から手が出るほど食べたいもの」としてランクインできたら、こんなに嬉しいことはありません。

お中元にもよろしくどうぞ。

 

Lover’s Coffee

ピックアップ記事

  1. 紙一重
  2. エコにご協力ください

関連記事

  1. お知らせ

    10月の定休日及び、価格改定について。

    いらっしゃいませ。10月の定休日について、お知らせです。今月も…

  2. 商品のこと

    限定ブレンド

    この場ではまったく告知できておりませんでしたが、8…

  3. お知らせ

    11/30をもちまして紙コップによるテイクアウトを終了致します。

    年間約6000億個。この数字はコーヒー業界に関係す…

  4. 商品のこと

    #3

    すみません、最近時間がないため…

  5. お知らせ

    冬仕様

    槇原敬之といえば…… そんな季節が始まりました。…

  6. 商品のこと

    冷やし珈琲、始めました。

    そろそろ汗ばむ陽気になるであろうゴールデンウイーク…

  1. その他のこと

    〇〇といえば
  2. お知らせ

    定休日と営業時間について。
  3. 商品のこと

    豆屋のMenu
  4. その他のこと

    デトックス
  5. その他のこと

    パッと見でインプット。
PAGE TOP