お知らせ

6月のお休みについて。

いらっしゃいませ。

6月のお休みは毎週水曜日と木曜日です。営業時間は朝10時から夕方6時30分までとなります。よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

パンデミック、クラスター、ロックダウン、ソーシャルディスタンス、ステイホーム、東京アラート…。

私は言いたい。「これ以上横文字を使わないで」と。その横文字の前後は日本語なのだから。そもそも中途半端な英語を使うことは、ルー大柴氏の専売特許です。中途半端な英語を使うことは、彼しか許されないのです。

間違いとは言わないまでも、私たちが独自に使っている英語もあるようです。例えば、飲食物のお持ち帰りという意味ですと、私たちは「Take out」と表現します。しかし、英語圏の方が言うには「Take out」ではなく、「To go」や「Take away」が一般的な表現だと言います。かく言う私も、コーヒー好きのためのお店という意味も込めて店名を「Lover’s Coffee」としたが、「Lovers’ Coffee」が正確な綴りだというのだから恥ずかしい。「このジャパニーズたち、わかってへん」、そう英語圏の方に思われていることは沢山あるはずです。

コーヒー屋は外来語が多過ぎて、店内は片仮名ばかりとなります。片仮名はどこか馴染みがなく、記憶に深く刻まれません。事実、当店のお客様の多くが前回購入したコーヒー豆の銘柄を正確に覚えておりません。これが外来語ではなく日本語の商品名でしたら、きっと皆さまの記憶に残るのでしょう。

私は頭の古い人間ですから、これからは中途半端な英語は意識して使わないように注意します。以前とは考え方が変わりました。自分は生粋の日本人であるというアイデンティ…… 同一性を大事にしたいなと。「エスプレッソ」とか「ミル」などの外来語は仕方ないですけどね。今までの私は、日本語と中途半端な英語を滅茶苦茶に使っていたから、いつまで経ってもちゃんとした英語を話せないし、知らない日本語も沢山あります。お恥ずかしい限りです。

日本語を話すなら日本語だけ、英語を話すなら英語だけ。そう制約を設けたほうが、どちらも語彙力が増すような気がします。ルー大柴氏の芸を守るためにも、純粋な日本語を見直してもよいのではないでしょうか。

 

6月からはずっと中断していたコーヒーの淹れ方に関する記事も少しずつ書いていけたらなと思います。

 

Lover’s Coffee

ピックアップ記事

  1. 紙一重
  2. エコにご協力ください

関連記事

  1. お知らせ

    Noshuku 再入荷しました。

    8月下旬から切らしていた、濃縮コーヒーボトル「No…

  2. お知らせ

    6月の定休日について

    いらっしゃいませ。6月…

  3. お知らせ

    10月のお休みについて。

    いらっしゃいませ。10月のお休みは通常通り、毎週水…

  4. お知らせ

    12月のお休みについて。

    いらっしゃいませ。12月のお休みは少し変則的になりますので、ご…

  5. お知らせ

    年末年始の営業日

    年末年始の営業日について、お知らせです。&…

  6. お知らせ

    9月のお休みについて。※8日(火)

    いらっしゃいませ。9月のお休みは毎週水曜と…

  1. コーヒーのこと

    嗜好品として
  2. お知らせ

    移り変わり
  3. コーヒーのこと

    コーヒーのピチピチ感
  4. ラバーズのサービス

    新企画「究極のエコバッグを作る」その1
  5. お知らせ

    10月の定休日及び、価格改定について。
PAGE TOP