ラバーズのサービス

オリジナルバッグ、T様へ。

 

かつてお客様自身が着用していた服を使ってオリジナルのエコバッグを制作する、そんな当店の企画を知ったT様。可愛らしい2人のお子さんを持つ若いお父さんです。

今回、T様からご持参頂いた物は、なんと、某カバンメーカー、Y〇SHIDAカバンのP〇RTER。お話を伺うと、これは、かつてT様が17歳の時、修学旅行に使うバッグとして、ご両親にお願いして買って頂いたようです。それ以来、社会人になってもずっと使い続け、10年間は使い古したとのこと。

 

とにかく思い入れがあったようで、それからもなかなか処分できずに保管していた様子。T様はこの企画を通して、ひとつのバッグからまた違う形のバッグとして生まれ変わらせることを思いつきました。

 

文字が消えつつあるこのメーカーのタグを、再度取り付けたデザインにしてほしい。そんなご要望を受け、バッグを制作するリペアハベルさん。「もともと作りがしっかりしているバッグであったため、まず解体するのが大変でした」、そう言いながらも終始ワクワクしながら制作した彼女の顔は、達成感で溢れておりました。

 

 

「また、この先もこのバッグを使うことができる」。喜ぶT様を見て、いつものように何も活躍していないコーヒー屋の店主は、今回も感慨深くなったのでした。なんて素敵なお客様に恵まれているのでしょう。

T様、ご依頼ありがとうございました。

 

Lover’s Coffee

ピックアップ記事

  1. 紙一重
  2. エコにご協力ください

関連記事

  1. ラバーズのサービス

    「究極のエコバッグを作る」その2

    会津坂下町で洋服の修理を請け負うリペアハベルさんと…

  2. ラバーズのサービス

    オリジナルバッグ、H様へ。

    H様。6歳の娘さんと3歳の息子さんを育てるお母さん…

  3. ラバーズのサービス

    試し飲み

    当店の中心にあるメインカウンタ…

  4. ラバーズのサービス

    オリジナルバッグ、W様へ。

    W様。当店のお客様であるその女性は、若かり…

  5. ラバーズのサービス

    オリジナルバッグ、K様へ。

    郡山市在住の男性、K様。今回、オリジナルのエコバッ…

  6. ラバーズのサービス

    あえてアナログに。

    1年と4か月営業を続けてきて、いつも感じていたこと…

  1. お知らせ

    9月のお休みについて。※8日(火)
  2. 商品のこと

    ひと夏のイエロー
  3. お知らせ

    12月のお休みについて。
  4. コーヒーのこと

    悲しい事実
  5. 商品のこと

    つんぐりからかんぐぬへ。
PAGE TOP