お知らせ

12月のお休みについて。

 

いらっしゃいませ。

12月のお休みは毎週水曜と木曜ですが、30日(水)の最終営業日のみ、10時から17時までの短縮した時間で営業します。

年始の営業日程はまた後日、お知らせ致します。

 

 

 

「斜め向かいの郵便屋さん」

ウチのお店の斜め向かいには、いつも大変お世話になっている郵便局がある。郵便物を出したり、商品を発送したり、ATMを利用したり。何かとお世話になる頻度が多い。

冬が始まり小雨がぱらついたある日、私はいつものように入金の確認や振り込みを行うため、傘を差しながら郵便局に向かった。

ATMでいつもの作業を済ませ、お店に戻り、いつものように忙しい一日を送る。夜の閉め作業もいつものようにこなし、「今日も沢山の方に会えて、最高の一日だったな」、そう充実感に満ちた私は、すっかり雨が上がったなか家路についた。いつものように床に就いたとき、私はあることを思い出した。

「あっ、傘を郵便局に忘れてしまった。明日、急いで取りに行かないと。」

翌朝、出勤で一旦お店の玄関に着いたとき、私はびっくりした。なんと、私の傘が入口の壁に立て掛けてあったのだ。私は確信した。「きっと、郵便局の方がATMの監視カメラで傘の持ち主が私であることを特定し、斜め向かいのウチのお店まで、わざわざ届けに来てくださったに違いない」と。私は感動し、胸が一杯になった。郵便局の方々は皆親切だけど、ここまでしてくれるとは。私は真っすぐ郵便局に向かい、所長さんにお礼を言った。

「所長さん、傘を届けて下さり、ありがとうございました」。

所長さんは言う。「そもそも傘の忘れ物はなかったし、私は知りませんよ」と。私は親切を押し付けない、そんな所長さんをさすがだなと思った。しばらくして、お店でいつものようにコーヒー豆を袋に詰めていた私は、驚愕な事実に気づくこととなる。

 

「あっ、そういえば、あのとき俺は傘を差して店に戻ったんだ」

なんと、私はそもそも郵便局に傘を忘れていなかったのだ。そもそも雨が降ってたし。郵便局の方が監視カメラで私を特定したこととか、わざわざ傘を届けてくれたとか、私の妄想だったのだ。これはコロナの症状か、そう疑うことはしなかった。

 

まあ、とりあえず私が言いたいことは、この忙しい師走をなんとか乗り越えましょうということです。風邪を引かずに、良い年を迎えたいものですね。

 

 

癒しとエールを。

ピックアップ記事

  1. 紙一重

関連記事

  1. お知らせ

    定休日と営業時間について。

    お知らせです。3月から定休日、営業時間が若…

  2. お知らせ

    3月のお休み、短縮営業日について。

    いらっしゃいませ。3月のお休みは、毎週水曜…

  3. お知らせ

    もうすぐ見納め

    春分の日が過ぎ、気候もだんだんと春めいて参りました…

  4. お知らせ

    5月4日臨時休業

    いつもご来店いただき、誠にありがとうございます。5月4日、臨時休業…

  5. お知らせ

    一心に

    皆さんが何かを見て心が動かされる瞬間とは、どのよう…

  6. お知らせ

    8月中旬から

    この度、8月中旬からお店のレイアウトが変わります。…

  1. お知らせ

    7月のお休みについて
  2. その他のこと

    2021.2.3
  3. 商品のこと

    2021.2.27 コスタリカ
  4. コーヒーのこと

    好きなタイプ
  5. お知らせ

    8月の定休日について
PAGE TOP