商品のこと

濃縮ボトル完成

私はナチュラル精製のコーヒー豆を好んで入手しております。コーヒー農家さんが担う、このナチュラル精製とは、摘み取りした真っ赤なコーヒーチェリーをコンクリート製の地べたに敷き詰め、天日に干して発酵させるもの。数日後、規定の水分値まで下がったら脱穀し、コーヒー生豆となります。

この方法の長所は、果肉が付いたまま天日干しすることにより、種(生豆)まで果肉の甘さがゆっくりと浸透していくこと。独特の香りは「ナチュラル香」とも言われており、赤い果実を連想させる風味は多くのコーヒーファンを虜にしています。一方で短所は、発酵の進み過ぎにより、嫌な発酵臭がついてしまうこと。その為、発酵のコントロールに長けた生産者さんの豆を入手することがとても重要なのです。

今回、2022年の濃縮ボトル(カフェオレの素)を作製するにあたって、私はこのナチュラル精製を多用したブレンドに挑戦しました。深めの焙煎豆2種類と、産地の異なるナチュラル精製の焙煎豆2種類を配合した、個性豊かな採算度外視のブレンドです。「牛乳に合わせるための苦さ重視のブレンド」ではありきたりになってしまうため、果実味を思い切って加えようと試みました。正直、今年のロットは出来上がりに怖さがありました。なにせ、果実味というクセを加えたブレンドが濃い液体となることで、1ロット360本がすべて吉となるか、凶となるか、わからなかったからです。

 

 

40キロの焙煎豆を大阪にある充填加工専門の「中村商店」様へ納め、出来上がりを待つことに。納めたあとも、私の心配は決して消えませんでした。

数日後、濃縮ボトルが完成されて届きました。私は、半分白目の状態で恐る恐る原液をテイスティングしたところ、肩の力はスッと抜けました。その液体は意図した通りで、重たいベリーが凝縮された、そんなクセを表現できたのです。次に牛乳と合わせてみると、カフェオレというより、まるでスイートチョコレートの液体を飲んでいるかのような風味に変わりました。

とりあえず、今年もホッとしました。ぜひ、皆様もこれからの暑い季節、当店の濃縮ボトルを試されてみてください。今のところ、8月のお盆前には確実に無くなってしまうペースで在庫が動いておりますので、お早めにどうぞ。

 

 

Lover’s Coffee

ピックアップ記事

  1. 紙一重

関連記事

  1. 商品のこと

    極細口

    ドリップで美味しく抽出するには…

  2. 商品のこと

    PDCAを経て

    以前の記事にも書きましたように当店にらしさ…

  3. 商品のこと

    大人の夏休みレポート。”夜、コーヒー合わせてみた”

    カフェオレベース(税込1,400円)発売しておりま…

  4. 商品のこと

    2021.7.20 家庭用水出しコーヒー。

    前回の結びは、スペシャルティーコーヒーの豆を「アイ…

  5. 商品のこと

    転入生

    これから少しずつ豆売りのラインナップが変わっていき…

  6. 商品のこと

    不動のエース。

    「そちらのお勧めするコーヒー豆は何ですか」…

最近の記事

  1. 濃縮ボトル完成
  2. 5月の定休日について。
  3. 春、もがく。
  4. 4月の営業について。
  5. 美味しいドリップへのアプローチ。
  1. 商品のこと

    くびれ #4
  2. お知らせ

    5月13日のみ
  3. 反省すること

    2021.5.1 有言不実行
  4. お知らせ

    2021.9.14 BUKU 完売までカウントダウンか。
  5. ラバーズのサービス

    スムーズで確実
PAGE TOP