その他のこと

  1. 焙煎日誌 11/25 赤口

    「サザエさん」の主人公は、サザエさん。その事実は間違いない。しかし、想像してみてほしい。彼女の弟である丸坊主の少年が出てこない物語を。彼が毎回登場することで、物…

  2. 焙煎日誌 11/15 先勝

    毎年秋になると、中米のコーヒー豆を扱うロースターは、焙煎に苦戦すると思う。そうは言っても、私だけかもしれないが。その訳は、去年と同じ銘柄の豆を仕入れたと…

  3. 焙煎日誌 9/9 先負

    コーヒー豆のラインナップを考える際、私は、浅煎り以外のやや幅広い焙煎度合いで各種類を分布させている。お客様にコーヒー豆の好みを伺うと、焙煎が浅めの果実系…

  4. 焙煎日誌 9/5 大安

    今まで経験してきた沢山の失敗を活かす。ここでいう失敗とは、直接お客様にご迷惑をおかけするような最悪の事態ではなくて、自分の理想から外れてしまったときのよ…

  5. 焙煎日誌 9/2 友引

    私が考える、浅めに焙煎されたコーヒー豆にあってはいけない要素。それが「U,S,F」。「うすい、すっぱい、ふくらまない」をローマ字に書き換え、その頭文字だ…

  6. 焙煎日誌 8/22 先勝

    「最近のBUKUの味、変わったよね」。BUKUとは、当店にいつも並んでいるエチオピア産の豆である。収穫年度をまたいでこのBUKUを飲み続けているお客様か…

  7. 焙煎日誌 8/19 仏滅

    老若男女問わず楽しめるようなコーヒーがブレンドとは限らない。シングルオリジン(単一農園)だけでは表現できない、作り手のイメージを反映させて風味を創造することもブ…

  8. 焙煎日誌 8/13 仏滅

    コーヒーの賞味期限とは、あってないようなもの。正直言って、そこまで意味を持たないと思う。私の言わんとしていることは、各お店で設定している賞味期限よりも、はるかに…

  9. 焙煎日誌 8/8 大安

    私がコーヒーに関してわかっていないこと。それは山ほどあるけれど、そのひとつが、コーヒー豆をエイジングさせたとき(寝かせたとき)の風味の変化である。当店は…

  10. 7/30 焙煎日誌 友引

    ウチにも新豆(2021-2022)第1号が届いた。ここ最近欠品であった、グアテマラのエルインヘルト農園トラディショナルだ。新鮮な生豆の特徴は、見た目も香りも非常…

  1. その他のこと

    ご注意を。
  2. その他のこと

    積雪時の駐車
  3. 商品のこと

    2021.8.23 DBの美味しい淹れ方
  4. その他のこと

    焙煎日誌 11/25 赤口
  5. お知らせ

    年末最終営業日→12/29(水)、年始初の営業日→1/7(金)
PAGE TOP