商品のこと

2021.10.10 極細口 ケトル TSUBAME PRO

 

コーヒー店の数だけ推奨している淹れ方がございます。どの淹れ方が正解だなんて、そんな野暮なこと私は言いません。お店によって扱う豆、道具が違います。そして、それらを総括する店主の考え方や趣味趣向がそれぞれ違うのです。今回お伝えする内容もひとつの考え方であり、絶対的なものではありません。あくまで参考程度にご覧くださいませ。

当店は様々な豆をペーパードリップで淹れておりますが、コーヒーの質感の部分に焦点を当てると、共通したある特徴があります。それは、舌の上で感じる「とろん」とした滑らかさです。わかりやすく、とろみと言っても良いのかもしれません。質感にとろみがあることで、口の中でコーヒーの風味が広がり、後味が長く留まるのです。これは、当店がかなりこだわっている部分であり、お湯が粉の層を何度も浸透するペーパードリップだからこそ、成しえることです。

 

 

では、粉に対してどのようにお湯を注げば良いのでしょうか。ポイントは、粉の表面に対してケトルの注ぎ口を近づけ、一定の高さで注ぐことです。イメージは、お湯を粉の上に乗せるように。または、粉の層を、膨らんではしぼむを繰り返す風船と見立て、ケトルの先から空気を何度も注入するイメージ。前半は特にスローモーションです。

 

 

穴が小さく作られているドリッパーを使えば、一瞬、お湯が滞留し粉の凹みがスローになります。その膨らんだ粉の高さを保つように、何度も円を描きながら静かにお湯を注ぐのです。

そこで大事なのは、お湯を容易に細く注ぐことができる最適なケトル選びです。ネット上では沢山のケトルが掲載されており、何を選べばよいのか迷うと思います。そこで当店の最も推奨するケトルが、CAFEC(三洋産業)の「TSUBAME PRO」です。特徴は極細の注ぎ口。そして、ケトルの胴体から注ぎ口まで向かうアールの部分。この角度が絶妙であり、1番の長所だと感じております。当店がご説明する注ぎのイメージは、このケトルによって体感できるのです。

 

 

コーヒーの豊かな風味と質感を抽出できる、当店のペーパードリップ。もし、当店の淹れ方を参考にされる方は、このケトルの使用をご提案します。店内において、一言声をかけていただけたら、実際にお湯を注いで使用感をご確認できます。ぜひ、お気軽にお試しくださいませ。

 

Lover’s Coffee

 

ピックアップ記事

  1. 紙一重

関連記事

  1. 商品のこと

    クリスマスブレンド2020

    当店はオープンして以来、4回目のクリスマスを迎えま…

  2. 商品のこと

    2021.2.22 未知数

    今回ご紹介するコーヒー豆は、グアテマラのロズマ農園…

  3. 商品のこと

    French Press ラインナップ

    当店で扱っているフレンチプレス(ボダム社)のライン…

  4. 商品のこと

    ちょっとしたことシリーズ②

    当店は、コーヒー豆の容量を110g、220gパック…

  5. 商品のこと

    2020.1.22 事後報告その1

    「2020.1.22 今年もロ…

  6. お知らせ

    2021.9.14 BUKU 完売までカウントダウンか。

    コーヒーの風味は無限大。私は、そういった内容をブロ…

最近の記事

  1. ※ しばらくの間、臨時休業いたします。
  2. ※1月16日、臨時休業。
  3. 1月の定休日及び、営業時間について。
  4. 年末最終営業日→12/29(水)、年始初の営業日→1/7(金…
  5. 12月の定休日、及び営業時間について。
  1. お知らせ

    4月29日(木)10:00~17:00 営業します。
  2. 商品のこと

    2021.4.9 リモンシーヨ再挑戦
  3. お知らせ

    12月の定休日、及び営業時間について。
  4. 反省すること

    3日営業してみて…
  5. その他のこと

    ほくろの位置
PAGE TOP