コーヒーのこと

量ることから始めよう。

安定して美味しくドリップコーヒーを淹れるために必要なこと。

それは、コーヒー豆とお湯の重さを量ること。そして、蒸らしを含めたスタートから、最後のコーヒー液が落ちきるまでの時間を計ること。

今回は前者の「量る」ことについてのお話です。コーヒーの淹れ方に関しては、コーヒー店の店主の数だけ言うことが違うため、当店の基準ということで捉えてください。感覚的にコーヒーを淹れたいならば、1杯分の場合、スプーンすりきり1杯という具合でコーヒー豆を挽き、注湯はサーバーやビーカーの目盛りにコーヒー液が達したかを見て止める。それでも良いかと思います。しかし、厳密に言うと、焙煎の煎り具合によって豆の大きさは変わるし(煎りが深くなるにつれて、重さは減り体積は大きくなる)、品種によってもその大きさは千差万別。したがって、スプーンすりきりとはおおよその量でしかありません。また、コーヒー液の量は、たとえ真横から液面とサーバーの目盛りを照らし合わせたとしても正確性に欠けます。注湯の量に関しては、もうひとつ大事な観点があるため、それは後日お話しします。

 

 

つまり、豆の量もお湯(抽出液)の量も、「かさ」で見る限り、毎回濃度のばらつきがあるということ。これでは、数字という確かな情報がないため、改善の余地がありません。

今まで感覚的に抽出していたお客様。どうか、堅苦しい先入観を捨て、台所からスケールを取り出し、重さを量ることを試みてください。お菓子作りをされる方は、この重要性がお分かりだと思います。コーヒーの場合、重さを量るのは、コーヒー豆と差したお湯の量、この2点のみです。とてもハードルが低い習慣だと思いませんか。少なめの分量で例えますが、コーヒー豆10gに対してお湯130gを差すのか。それとも140gなのか、150gなのか。濃度に関しては、お客様の好みで構いません。好みの濃度を見つけたら、毎回その数字を基準にするのです。きっと、日々の抽出が安定し、満足度は高くなるでしょう。

 

 

現在、店頭では、TIMEMOREというメーカーのスケールを販売しております。こちらは、コーヒーの抽出専用の商品であり、0.1g単位で量れることはもちろん、時間も同時に計る機能がございます。ご興味がございましたら、ぜひ、スタッフまでお声がけください。

 

税込5500円

 

Lover’s Coffee

ピックアップ記事

  1. 紙一重

関連記事

  1. 商品のこと

    2021.6.22 コスタリカ ラ・カンデリージャ農園

    先日、惜しまれながらコスタリカ「サン・フランシスコ1900農園」の豆が…

  2. 商品のこと

    エスプレッソ、お湯わりで。

    11月に入り、新しいテイクアウトのメニューとして…

  3. 商品のこと

    ちょっとしたプレゼントにどうぞ。

    この時期いただいて嬉しいもの。会津下郷町、大内宿にお店を構える…

  4. コーヒーのこと

    素材のこと①

    今後、当店のお客様に向けて、コーヒーの楽しみ方や淹…

  5. コーヒーのこと

    オタクへの第1歩。

    コーヒー豆の量とお湯の投入量を量るスケール、そして…

最近の記事

  1. 10月のお休みについて。
  2. ドリップ講座を開催しました。
  3. #1ブレンド、リニューアル。
  4. 9/24(土)ドリップ講座のお知らせ ※募集締め切りました。…
  5. 焙煎日誌 9/9 先負
  1. コーヒー教室のこと

    WSを開催しました。
  2. お知らせ

    AIZU COFFEE TIME! 5/13
  3. お知らせ

    4月のお休みについて。
  4. 商品のこと

    2021.8.22 80点バンザイ。
  5. お知らせ

    2月の定休日について
PAGE TOP