コーヒーのこと

例外的珈琲豆保存。

最適なコーヒー豆の保存方法は、密閉容器に入れ、直射日光を当てずに常温保存することです。自然にエイジングさせるほうが、豆に含まれている炭酸ガスが徐々に抜けて、味の変化を楽しむことができます。焙煎日から2週間ほど経過するまでの、俗に言う「新鮮なコーヒー豆」と呼ばれる期間は、このシンプルな保存方法が一番です。

ただ、その例外として、梅雨や夏の期間は気温が高く、コーヒー豆の表面に油浮きが目立つようになります。品質としては全く問題はございませんが、コーヒーミルの内部に油分が付いてしまうため、気になる方もおられるかと思います。そういったお客様には、瓶や保存缶での保存ではなく、ジップロックや当店の別売りパッケージにコーヒー豆を移し替えていただき、空気を抜いて冷凍保存することをお勧めします。豆を強制的に冷やすことにより、油浮きは防げます。自然なエイジングによるプラスの変化は期待できませんが。

 

 

中煎りまでの浅めの焙煎度合いでしたら、油浮きは目立ちません。中深煎り以上の深い焙煎度合いの豆に、この現象が起こります。

油浮きが気にならないお客様は、変わらず常温保存でいいんですよ。味は最も良いですし。

ただ、美味しさ云々より、テカテカした見た目を含めこの現象を好まないお客様は、冷凍保存をぜひお試し下さいませ。

 

Lover’s Coffee

持込可再利用珈琲袋。前のページ

8月の営業について。次のページ

関連記事

  1. コーヒーのこと

    素材のこと② 

    スペシャルティコーヒーが一般的に浸透し始め、コーヒ…

  2. コーヒーのこと

    2021.10.2 数秒差の煎り止め。

    私の見当違いでした。まさか、そこがベストポイントだ…

  3. コーヒーのこと

    2021.7.18 考察。家でのアイスコーヒーについて。

    私たちが普段、なんの違和感もなく飲んでいるアイスコ…

  4. コーヒーのこと

    見えないところ。

    継続的にご来店頂いているお客様へ、お伝えしたいこと…

  5. コーヒーのこと

    鮮度と保存のこと

    どの食品にも必ずつきまとうこと。それは「劣化」です…

  6. コーヒーのこと

    2021.7.30 ドリップ急冷式アイスコーヒー、その1。

    今回は、ドリップしてからの急冷式アイスコーヒーの作…

最近の記事

  1. 4月のお休みについて。
  2. Colombia Miraflores
  3. 3月のお休みについて。
  4. 現状のベスト!
  5. メキシコのスペシャルティ。
PAGE TOP