商品のこと

2021.2.22 未知数

 

今回ご紹介するコーヒー豆は、グアテマラのロズマ農園「ロズマラゴ」。1番の特徴は、他に類を見ないほどの大粒品種であるということ。そら豆くらいと言うと大げさだが、縦と横に大きく、非常に肉厚である。品種名はマラゴジぺ種(正確にはパカマラ種も混在している)。ロズマ農園が作るマラゴジぺ種だから、名前が「ロズマラゴ」らしい。

私がこのコーヒーにもつ感想は、とにかく未知数であるということ。大粒な豆の特徴でもあるが、温度変化による風味の印象がまるで違う。飲み始めはビターチョコレートの風味しか見つけられなくても、少し冷めるだけで甘さが急に増し、黒蜜やバター、ガナッシュチョコレートを連想させる。そして、クリーミーな質感が次第に増していく。今回、私はこの豆を深煎りにしたが、浅めに焙煎すれば、綺麗な柑橘系のフレーバーを楽しめる。

実は今回、このロズマラゴは2つのロットに分かれて来た。どういうことかというと、同じ農園の品種でも標高1550mの区画と、1650mの区画、それぞれで収穫されたロットがあるのだ。私はまだ前者のロットしか焙煎していないため、100mの標高差でどのような違いが表れるのかはまだ分からない。きっと、コーヒーチェリーの熟し方の違いが差を作り出すのだろうと予想している。

ひとつの農園、更に細分化された区画の位置、品種、精製方法、違いはこれらの組み合わせ方によって千差万別。そして、どう焙煎されたのか、どう抽出されたのかによっても、コーヒーは表情を変える。このコーヒーを通じて、私は改めてコーヒーの無限さを感じるのだ。

※この豆のお勧めする保管方法は、冷蔵庫か冷凍庫にパッケージのまま置くこと。深煎りの豆は、時間が経過すると表面に油が浮き出てきます。この現象は、購入してすぐに冷やして保管すると防ぐことができます。抽出する際は、挽いた直後にふるいで微粉を除去すると、雑味が軽減され、細かい風味のニュアンスを感じることができます。ぜひ、お試しを。

 

 

Lover’s Coffee

 

 

ピックアップ記事

  1. 紙一重

関連記事

  1. 商品のこと

    2021.1.26 ご報告

    「2021.1.26 以前から…

  2. 商品のこと

    2021.10.12 ワンドリップ用 ケトル

    前回ご紹介したケトル(TSUBAME PRO)は、…

  3. 商品のこと

    隠れたニーズ

    店内が落ち着いている場合、コーヒー豆をご購入の常連…

  4. 商品のこと

    2021.2.13 アフォガード

    2021.2.13 写真上 1…

  5. 商品のこと

    大粒ルーキー

    前回の記事の件ですが第三水曜とは、毎月15…

  6. 商品のこと

    French Press ラインナップ

    当店で扱っているフレンチプレス(ボダム社)のライン…

最近の記事

  1. ※ しばらくの間、臨時休業いたします。
  2. ※1月16日、臨時休業。
  3. 1月の定休日及び、営業時間について。
  4. 年末最終営業日→12/29(水)、年始初の営業日→1/7(金…
  5. 12月の定休日、及び営業時間について。
  1. 商品のこと

    2021.9.4 ロズマラゴ 標高1650mロット。
  2. お知らせ

    冬仕様
  3. 商品のこと

    #3
  4. お知らせ

    OCTOBER COFFEE ACTION
  5. お知らせ

    11月の定休日、電話・FAX番号の変更について。
PAGE TOP