その他のこと

焙煎日誌 11/15 先勝

毎年秋になると、中米のコーヒー豆を扱うロースターは、焙煎に苦戦すると思う。そうは言っても、私だけかもしれないが。

その訳は、去年と同じ銘柄の豆を仕入れたとしても、収穫年度が違えば、それは全く別物といっても過言ではないから。今年のその土地の雨量や気温、それから生産者の細かい栽培工程の変化など、去年と全く同じ環境で生豆が仕上がるわけではない。

安易に、去年産と同じ過程で火力を操作し焙煎度も同一に仕上げると、大抵、ベストの風味ではない。この時点でロースターが勝手にその年の出来を評価してしまうと、試合はそこで終了。ロースターが生豆を評価しているようで、生豆が逆にこっち側を試していることに気づかないのである。

 

 

新豆でまず悩んだのは、ニカラグアの「ママミナ農園」だ。去年は中深煎りで質感の滑らかさを強調した。ところが、試行錯誤を繰り返していくと、今年度は果実のニュアンスを多く感じたため、煎り具合を少し浅めに変更。浅煎りでは酸味が目立ち過ぎるため、この豆特有の滑らかさは残しつつも、熟した果実の甘さを加味させるよう、中煎りのある一点に焙煎度を絞り込んだ。

今年のママミナは、また素晴らしい。飲み始めは、ヘーゼルナッツを思わせ、冷めていくごとに完熟果実やシロップの甘さを感じる。この豆をあきらめなくて本当に良かった。

これからもずっと、私はコーヒーに試され続ける。

 

Lover’s Coffee

ピックアップ記事

  1. 紙一重

関連記事

  1. その他のこと

    ほくろの位置

    「Lover's」 rの後ろにつく「'」。このほく…

  2. その他のこと

    パッと見でインプット。

    いつも当店でコーヒー豆をご購入の方は、こんな経験が…

  3. その他のこと

    焙煎日誌 9/2 友引

    私が考える、浅めに焙煎されたコーヒー豆にあってはいけない要素。…

  4. その他のこと

    積雪時の駐車

    会津らしい雪の日が続きますね。当店駐車場の雪かたしはできる限り…

  5. その他のこと

    Dogもtogether

    雪が解け、最近になりお越しになるのが、ワンちゃんを…

  6. その他のこと

    焙煎日誌 7/18 先勝

    昨日とは打って変わって、今日の私は晴れ晴れとしている。空模様と同様だ。…

最近の記事

  1. 12月のお休み、及び最終営業日について。
  2. 焙煎日誌 11/25 赤口
  3. 焙煎日誌 11/15 先勝
  4. 11月限定ブレンド
  5. 11月のお休みについて。
  1. ラバーズのサービス

    新企画「究極のエコバッグを作る」その1
  2. お知らせ

    終わンダ・スカイヒル
  3. 商品のこと

    2021.1.23 事後報告その2
  4. その他のこと

  5. 商品のこと

    ~8/31、濃縮ボトルは欠品となります。
PAGE TOP