焙煎日誌

焙煎日誌 11/15 先勝

毎年秋になると、中米のコーヒー豆を扱うロースターは、焙煎に苦戦すると思う。そうは言っても、私だけかもしれないが。

その訳は、去年と同じ銘柄の豆を仕入れたとしても、収穫年度が違えば、それは全く別物といっても過言ではないから。今年のその土地の雨量や気温、それから生産者の細かい栽培工程の変化など、去年と全く同じ環境で生豆が仕上がるわけではない。

安易に、去年産と同じ過程で火力を操作し焙煎度も同一に仕上げると、大抵、ベストの風味ではない。この時点でロースターが勝手にその年の出来を評価してしまうと、試合はそこで終了。ロースターが生豆を評価しているようで、生豆が逆にこっち側を試していることに気づかないのである。

 

 

新豆でまず悩んだのは、ニカラグアの「ママミナ農園」だ。去年は中深煎りで質感の滑らかさを強調した。ところが、試行錯誤を繰り返していくと、今年度は果実のニュアンスを多く感じたため、煎り具合を少し浅めに変更。浅煎りでは酸味が目立ち過ぎるため、この豆特有の滑らかさは残しつつも、熟した果実の甘さを加味させるよう、中煎りのある一点に焙煎度を絞り込んだ。

今年のママミナは、また素晴らしい。飲み始めは、ヘーゼルナッツを思わせ、冷めていくごとに完熟果実やシロップの甘さを感じる。この豆をあきらめなくて本当に良かった。

これからもずっと、私はコーヒーに試され続ける。

 

Lover’s Coffee

焙煎日誌 9/5 大安前のページ

12月のお休み、及び最終営業日について。次のページ

関連記事

  1. 焙煎日誌

    焙煎日誌 9/5 大安

    今まで経験してきた沢山の失敗を活かす。ここでいう失敗とは、直接…

  2. 焙煎日誌

    焙煎日誌 8/8 大安

    私がコーヒーに関してわかっていないこと。それは山ほどあるけれど、そのひ…

  3. 焙煎日誌

    焙煎日誌 8/13 仏滅

    コーヒーの賞味期限とは、あってないようなもの。正直言って、そこまで意味…

  4. 焙煎日誌

    シワはあってもよい。

    遅い報告となってしまい、申し訳ございません。2024年1月の限…

  5. 焙煎日誌

    コロンビア・オアシス農園 ゲイシャ種 ウォッシュト 

    4月から5月前半までの限定商品として、「コロンビア・オアシス ゲイシャ…

最近の記事

  1. 6月23日 店内イベント「ネルを嗜む」
  2. 6月のお休み→毎週(水・木)
  3. 5/26(日)AIZU COFFEE TIME!
  4. コーヒーサーバーのご紹介
  5. コロンビア・オアシス農園 ゲイシャ種 ウォッシュト 
PAGE TOP